学資保険で重要なのは運用率

<学資保険で重要なのは運用率>

今回は学資保険についてお伝えしようと思います。子供が生まれると、学費のことを考えて学資保険に入ろうと思う親御さんが多いかと思います。

昔の学資保険は利率も良く、ちょうど受験期であったりお金のかかる時にお金が下りるようになっていたので、契約された方も多かったと思います。

生命保険は大抵の場合、国債などで運用されています。

485640

昔は日本の国債の利率も良かったので、それだけの利率をつけることが出来たのですが、ご存じの通り、現在は国債の利率は下がっている傾向にあり、保険でそれなりの利率を維持することが難しくなってきました。よって、最近では学資保険の取り扱いをやめる保険会社も出てきているようです。

学資保険は何歳で貰えるのか、利率がどのくらいかが重要です。数年ごとに頻繁に貰えるものから、15歳、18歳辺りで貰えるものまで様々です。

学資保険と言いながらも学資に必ず使わなければならない訳ではないので、これからのライフプランを考えて選ぶ必要がありますね。

ちなみに、もし親御さんのご年齢がまだ若ければ、学資保険にこだわらずとも学資の為に平準払の修身保険に入るという方法もあります。

貯蓄型の保険に入り、例えば払込期間を15年や18年と設定すれば、払込みが終わった翌年辺りには解約返戻金が払込み保険料を上回りますので、それを学資に使うことが出来ますし、終身保険ですので、使わなければその分少しずつ増えていきます。

契約者と被保険者は親になるので、親に万が一のことがあれば死亡保険金が下ります。学資保険は被保険者が子供ですので、親が亡くなってもそれ以後の払込みが免除になる程度で死亡保険金は出ません。

個人的には、学資保険だけではなく、終身保険も選択肢に入れて、皆様にはご検討いただきたいと思います。

You may also like