子供に向けた貯蓄なら養老保険でなく学資保険

<子供に向けた貯蓄なら養老保険でなく学資保険>

私は25歳の頃に生命保険に目覚めました。

目覚めたというよりは、上手く乗せられたという言葉が正しいでしょうか。

とりあえず同じ職場の人に保険に入っておかないと、将来が不安だよと言われてビビってしまった事から全ては始まりました。

それで最初に入った保険は個人年金でした!

とりあえず掛け捨てはお金が勿体ないので嫌でして、それで貯蓄ができないと将来が不安ですし、でも途中で何かがあった時は支払いが免除になるというものをお願いしたらそうなりました。

やはり保険屋さんも商売なので全てに良いという商品は無いんですよね。

そしてその年金を続けていく内にこれってもし病気になった時にきつくないかと思うようになったのです。

そして保険屋さんに相談した所良い保険があると言われたので加入する事になりました。

338765

それが、養老保険という保険でした。

それが意外に高額でして、その当時25歳で月給は20万円前後だったごく普通のサラリーマンだった私が毎月支払っていた保険代は毎月2つ合わせて4万円でした。

正直当時の給料の20%が保険に消えていた訳です。

それで家賃や光熱費を払ってしまうとかなり生活が厳しかったです。

養老保険も掛け捨てでは無かったのでお金は貯まるのですが、とにかく毎月生活がきつくてきつくてもう大変でした。

純粋に貯蓄が目的で加入するなら、養老保険でも良いかもしれませんが、子供の将来に向けた貯蓄の確保ということであれば、保険料や保障プランも整っている学資保険が一番かもしれません!

別に借金をしている訳でも、高級な所に住んでいる訳でもなく、贅沢をしている訳でも無いのに、保険のせいでとにかく生活がカツカツでした。

そんな状態を一般的に保険貧乏というみたいです。

一応貯金している様なものですが、毎日毎日貧しい生活をしてまで入るものなのかととても疑問に思ったのが加入してからという遅いタイミングでした。

保険はよく考えてから加入しましょうと心から思いました!

You may also like