貯蓄型保険の学資保険の保険料&返戻率の比較方法

<貯蓄型保険の学資保険の保険料&返戻率の比較方法>

ここで学資保険の調査員から、今回の調査結果をレポートさせていただきます。

学資保険(子供保険)は、加入後に保険料を払い続けて返戻率が100%を超えたタイミングで解約をすれば。

解約返戻金として子供の大学や専門学校などの教育資金だけでなく、自分達の生活費も補填をすることができるので保障を受けながら確実な貯蓄ができるということが、学資保険の人気の理由のようです。

学資保険では、前納支払という支払方法を取ることで利率も良くすることができるので、学資保険に加入をして早い時期から子供の将来に向けた資金作りを始めることはとても大切です。

しかし、学資保険には貯蓄性がありお金を貯めることができるというメリットもあれば、途中で解約をすると元本割れになるデメリットもあるため注意をしなくてはなりません。

338035

そのため、学資保険では無理のない保険料確実に支払いが続けられる商品を選ぶことがポイントになります。

また、保険料以外にもお金が溜まりやすいように返戻率が高いことも大切ですが、学資保険を選ぶ時には保険料と返戻率のバランスが良い保険を探すと良いでしょう。

保険は例えおすすめの商品であっても、それが自分のライフプランに適した保険であるという訳ではないので。

自分に合った学資保険を選ぶ時には、各保険会社ごとに保険料や返戻率を比較しながら探すようにしましょう。

それでは、最後に学資保険をはじめとした、生命保険のおすすめの比較方法をお伝えしたいと思います!

ここでは約20社以上の学資保険の商品を保険料&返戻率比較ランキングで分かりやすく紹介をしてくれています。

学資保険の調査員も頻繁に利用をさせていただいている、保険の情報サイトになります!

是非、皆さんも学資保険の比較のために一度訪れてみてはいかがでしょうか!!

詳しくはこちら→「初めての生命保険の見直しと比較ランキングは“保険家族”へ相談

Continue Reading

学資保険で重要なのは運用率

<学資保険で重要なのは運用率>

今回は学資保険についてお伝えしようと思います。子供が生まれると、学費のことを考えて学資保険に入ろうと思う親御さんが多いかと思います。

昔の学資保険は利率も良く、ちょうど受験期であったりお金のかかる時にお金が下りるようになっていたので、契約された方も多かったと思います。

生命保険は大抵の場合、国債などで運用されています。

485640

昔は日本の国債の利率も良かったので、それだけの利率をつけることが出来たのですが、ご存じの通り、現在は国債の利率は下がっている傾向にあり、保険でそれなりの利率を維持することが難しくなってきました。よって、最近では学資保険の取り扱いをやめる保険会社も出てきているようです。

学資保険は何歳で貰えるのか、利率がどのくらいかが重要です。数年ごとに頻繁に貰えるものから、15歳、18歳辺りで貰えるものまで様々です。

学資保険と言いながらも学資に必ず使わなければならない訳ではないので、これからのライフプランを考えて選ぶ必要がありますね。

ちなみに、もし親御さんのご年齢がまだ若ければ、学資保険にこだわらずとも学資の為に平準払の修身保険に入るという方法もあります。

貯蓄型の保険に入り、例えば払込期間を15年や18年と設定すれば、払込みが終わった翌年辺りには解約返戻金が払込み保険料を上回りますので、それを学資に使うことが出来ますし、終身保険ですので、使わなければその分少しずつ増えていきます。

契約者と被保険者は親になるので、親に万が一のことがあれば死亡保険金が下ります。学資保険は被保険者が子供ですので、親が亡くなってもそれ以後の払込みが免除になる程度で死亡保険金は出ません。

個人的には、学資保険だけではなく、終身保険も選択肢に入れて、皆様にはご検討いただきたいと思います。

Continue Reading

子供に向けた貯蓄なら養老保険でなく学資保険

<子供に向けた貯蓄なら養老保険でなく学資保険>

私は25歳の頃に生命保険に目覚めました。

目覚めたというよりは、上手く乗せられたという言葉が正しいでしょうか。

とりあえず同じ職場の人に保険に入っておかないと、将来が不安だよと言われてビビってしまった事から全ては始まりました。

それで最初に入った保険は個人年金でした!

とりあえず掛け捨てはお金が勿体ないので嫌でして、それで貯蓄ができないと将来が不安ですし、でも途中で何かがあった時は支払いが免除になるというものをお願いしたらそうなりました。

やはり保険屋さんも商売なので全てに良いという商品は無いんですよね。

そしてその年金を続けていく内にこれってもし病気になった時にきつくないかと思うようになったのです。

そして保険屋さんに相談した所良い保険があると言われたので加入する事になりました。

338765

それが、養老保険という保険でした。

それが意外に高額でして、その当時25歳で月給は20万円前後だったごく普通のサラリーマンだった私が毎月支払っていた保険代は毎月2つ合わせて4万円でした。

正直当時の給料の20%が保険に消えていた訳です。

それで家賃や光熱費を払ってしまうとかなり生活が厳しかったです。

養老保険も掛け捨てでは無かったのでお金は貯まるのですが、とにかく毎月生活がきつくてきつくてもう大変でした。

純粋に貯蓄が目的で加入するなら、養老保険でも良いかもしれませんが、子供の将来に向けた貯蓄の確保ということであれば、保険料や保障プランも整っている学資保険が一番かもしれません!

別に借金をしている訳でも、高級な所に住んでいる訳でもなく、贅沢をしている訳でも無いのに、保険のせいでとにかく生活がカツカツでした。

そんな状態を一般的に保険貧乏というみたいです。

一応貯金している様なものですが、毎日毎日貧しい生活をしてまで入るものなのかととても疑問に思ったのが加入してからという遅いタイミングでした。

保険はよく考えてから加入しましょうと心から思いました!

Continue Reading

アフラックの夢みる子どもの学資保険は高返戻率でおすすめ

<アフラックの夢みる子どもの学資保険は高返戻率でおすすめ>

我が家は、子供たち二人いて、アフラックの夢みる子どもの学資保険に加入しています。

大学入学の頃に300万円戻るコースを二人とも選びました。

でも、主人は子どもが生まれても、何にも教育費の準備など考えてなかったので私がかなり調べて、返戻率の高いアフラックを強力プッシュしました。

それで、契約する事にしたのですが、びっくりしたのが、家まで保険会社ではの人が来て内容を説明してからじゃないと契約は交わせない決まりができていたことです。

わざわざ家の中に人が来てお話しを聞くなんて、そこまで必要なのかと思いました。

182319

それでも、話をしっかり聞いてから契約したのでちょっと安心感がありました。

アフラックの保険料は、月払いよりも年払いでの方が割安だと勧められたので主人は軽い気持ちでそちらを選んでましたが、毎年その年払いの引き落とし日がくると、一気に減る貯金残高にがっくりすると言ってます。

別に、家計にそこまで響いてもいないんですが、気持ちのもんだとしては一度に引かれるとショックは大きいんだと思いました。

私はとりあえずは、主人に万が一の時にも保険料の払い込み免除になる学資保険に加入したことは得られた安心が大きいです。

まとまったお金を貯金しておくつもりで、満期までしっかり続けていけるようにしたいです。

Continue Reading

学資保険で子供の将来への貯蓄は親としての小さなプライド

<学資保険で子供の将来への貯蓄は親としての小さなプライド>

我が家は、母親である私と中学生の長男、小学校高学年の次男と長女の4人家族です。

今から5年ほど前に離婚し、母子家庭となりました。それからの我が家の生活費は、私の収入とひとり親に対する公的な補助だけで賄っているので、生活はかなり苦しいのですが、それでも子ども達3人の学資保険は常に最優先で考えています。

それというのも私が小学生の頃に実家の父が経営する会社が倒産し、両親はそれまで加入していた私の学資保険を解約することになり、そして母がそのことを今でも後悔しているという経緯があるからです。

実際、私が大学に進学する際、第一志望はとある4年制私立大学だったのですが、金銭的な問題から私立は諦めざるを得ませんでした。結局私は、公立の短期大学を奨学金とバイトで得た収入で卒業したのですが、母はそのことについて申し訳ないという気持ちを今でも持っているようです。

351007
そんな母の強い勧めもあり、私は長男が産まれた後すぐに学資保険への加入手続きをしました。

その時は初めてだったこともあり、各保険会社の商品についての知識も無く、倒産する可能性が一番少なそうという理由でゆうちょの学資保険にしました。

次男と長女については、ネットなどで色々調べた結果、ソニー生命の学資保険を選びました。

3人分ともなると結構な金額になるので、長男の保険額を最も高額にし、次男・長女についてはそれぞれ長男の半額ずつという設定です。

長男の満期の保険額も、兄弟の中では一番高額とは言え、決して十分な額ではないのかも知れませんが、少しでも進学先の選択肢を増やしてあげたいという気持ちと、進学後もあまりバイトに時間をとられずに学業に専念してもらいたいという気持ちで続けています。

そしてそのことが私にとっては、親としての小さな、でも決してゆずれないプライドのような気もしています。
先日、長男の小学校卒業を前にして、中学校への入学準備金をゆうちょの学資保険から受け取りました。

ある程度まとまった金額だったので、新しい制服代やお祝いのお返しなどの出費を賄うことが出来、残った分を貯金に回すことも出来たので、とても助かりました。
将来何に興味を持ちどんな道に進むのか、すべてが未知数の子ども達ですが、日々元気に成長していく姿が親である私にとっての元気の源でもあります。

これからも子ども達のために頑張って働き、彼らが将来の夢をかなえるための出来る限りの準備をしてあげたいと思っています。

Continue Reading

出産前の時期より学資保険の加入は考えておくべき

<出産前の時期より学資保険の加入は考えておくべき>

主人とは前々より、「子供は大学に行かせたいね。そのために貯金しておかないとね。」という話しはしていたのですが、結局貯金という貯金はしないまま、第一子を出産しました。

その後、主人と付き合いのある銀行の営業の方から学資保険のお話をきいてすぐ加入しました。

なかなか貯金というと「今月はきびしいからこのくらいでいいや」となりがちですが、学資保険なら自動引き落としなので「今月は積立られなかった」という心配がありません。

269416

それに利率も数ある学資保険の中でもトップクラスだったので、受け取る際もメリットが大きいです。

他にも払込み免除も付いていて、その点が貯金や自分で積み立てることとの大きな違いだと思います。

子供が小さいうちは特にお金がかからないので、払込みを早く済ませてしまえばさらに
あとあと楽になるのではないかと思います。

あと、友達が加入している保険は医療特約も付帯していて色々なタイプがあるのだな、と思いました。今加入している保険にはおおむね満足ですが、比較するものがあればもう少し検討したのかもしれません。

子供が生まれてしまうと身動きがとりずらいので出産前の準備をおすすめします。

Continue Reading

貯蓄重視で保険を選ぶなら返戻率が大事

<貯蓄重視で保険を選ぶなら返戻率が大事>

子どもが生まれて多くの人が悩むひとつに学資保険があります。

今では人気の保険プランですので多くの保険会社から様々な保険が出ています。

将来の学資金の援助になるようにと加入するのが一般的ですが、加入者に万が一があった時の保障、子どもに何かあった時の保障など特徴がそれぞれ違います。しかし、どの保険でも注目される内容があります。

それは返戻率です。

298219

保険金に対して満期金がいくら戻ってくるのかということですが、100%を超えるとと支払った分より多く戻ってくるということになります。
我が家では確実な貯蓄をしておきたいということで貯蓄重視で選んだので、返戻率がかなり重要なポイントでした。

実際に選んだのも、契約時に一番返戻率が高かったソニー生命の学資保険スクエアでした。契約内容では110%超えとかなり高く契約者の死亡時の育英制度もあったのでこちらに決めました。

また、ライフプランナーとの面談でお話しして頂いた内容がとてもしっかりしていて、より良い契約内容にできそうだったのも決め手でした。
貯蓄重視であればまず返戻率をきちんと見て、その中で自分達に合った保障内容の保険を選んで行くという方法がおすすめです。

Continue Reading

学資保険は前納で支払い利率も良い保険

<学資保険は前納で支払い利率も良い保険>

子供が生まれてすぐ学資保険に加入しようと思い、色々と保険会社を比較してみることにしました。

やはり保険料と利率など比較しているとまとまったお金がある場合は前納すると利率が良いですし、子供が18歳や17歳になった時に受け取る時期を選択できるようになっているので丁度、お金が必要になった時に学資保険は役立つだろうと思い加入することにしました。

貯金しているよりも利率が良いですし、まとまったお金を貯金していたので前納することにしました。

269414

学資保険は加入年齢も決まっているので、子供が小さいうちに加入しておいたほうが良いということもわかり生まれてからすぐ加入することにしました。

色んな保険会社において学資保険はあり、医療特約などついた保障もありますが医療保険は単独で加入したかったので学資保険のみで利率が良いものを選ぶことにしました。

子供の成長と伴に学費など必要になってくるので、早い段階で資金の準備は重要だと感じていました。

貯金しても金利は少ないので学資保険はなかなか良い保障ですし、確実に貯めることができる保険だと実感しています。

Continue Reading